2005年07月14日

志村貴子「放浪息子」

放浪息子ガルシアの首さんに「TSUKASAさんなら嵌まるんじゃないかな」とお薦めされていた「放浪息子」を読んだんですがこれはおもしれー。漫画好きの皆さんにとっては何を今更なんでしょうが。1巻2巻は普通に面白かったんですけど話が大きく展開する3巻がもうベタ嵌まりで。っていうかガルシアさんに完全に見抜かれていますね。うーん、罪な作品を薦めてくれたものだ。そのわりに薦めてくれた当のご本人はしゃらくせえとのたまわれていたりするのだが(笑)。そのガルシアさんの感想はここ

んで、ええとね、自分はとりあえずトランスジェンダーの部分よりも、純粋に「子供と性」であるとか、あとは「子供が自分という存在が他者を傷つけることがあるということを知っていく過程」というか。両方とも大人になるということですけど。そういう話として楽しめました。そういう意味で3巻とかもうたまりませんでしたけど。だから「少年少女の思春期物語」といわれても、さほど違和感は感じなかったかな。

まあ確かに少年性が希薄だと言われればそうなんだけども、おれはむしろ「さくらの唄」のようないわゆる男くさい青春像のほうがファンタジーとして読めてしまうし(主人公の自意識の抱え方は圧倒的にリアルで怖いぐらいだったけど)、だからこそああいう青春像に憧れてしまったりもするんですよねー。まあ、人より繊細で傷つきやすいゆえに人と違う特別な僕、なんつー青い自意識過剰もまた思春期ならではなわけで。おれにもそんな恥ずかしい年齢があったことは否定できないわけでねえ。あと、ちなみにおれは何度か普通に夢精したことあります(普通に夢精ってなんだよ)。まあ精通は自力開通でしたけどね。ってなにを情報公開しているんだおれは。

ていうかトランスジェンダー云々の話は確かに(これだけ引きのいいテーマとして据えられていながら)現時点でまだまったく掘り下げられているように思えないので(だからこそ↑のように普通に「子供の成長物語」として読んでしまったわけで)、そこはまだ先を見てみないとわからないな。てか、そこはむしろどうでもよくなっているおれは読み方間違っているのでしょうか。どうしてもトランスジェンダーの話だと読めないんだけど。まあ、この続きぜんぜん知らんけど、4巻で修一くんもオナニーぐらいするでしょう。するはずだ。ていうか、しなきゃだめだっ(力説)。そこで次の展開だと思うんですよね。それがないと話進まないでしょう。んでもっとドロドロしていってほしいですね。期待。

で、こんなドロドロした話なのに全然重くないのがいいですね。これが榎本ナリコなら既にリストカットのひとつもしてると思うんですよ(って、おれは榎本ナリコ好きですけどね!それこそ「スカート」とか何回も読み返しちゃうぐらい大好きだし)。この人はこんなテーマなのになぜこんなにも小学6年生を小学6年生らしく描けてしまうのでしょう。そして出てくるキャラクターが脇役も含めてみんないい。子供も大人もそれぞれに魅力的だ。で、この漫画にベタ嵌まりしていることを告白している時点である程度自分の恥ずかしい内面を曝け出しているようなものだし、その上どのキャラにとりわけ感情移入しているか、なんつーことを開陳し出したりなんかしたらさらにその恥ずかしさがバレてしまうと思うのだが、おれは修一くんよりもむしろ、高槻さんにやられているのかもしれないと思った。あー恥ずかしい。

さて次はまこりんさんに薦められた「残酷な神が支配する」を読むのだ。萩尾望都は「恐るべき子供たち」しか読んだことないんですがそれ以上に濃いということで楽しみです。ていうか自分で自分をどんどん追い込んでいるような気がします。


posted by TSUKASA at 17:38| Comment(5) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

Destiny's Child 「Survivor」

Survivor前作「Writing's on the wall」リリース後、ゴタゴタの末ラタヴィアとラトーヤを追放、新メンバーとしてミシェルとファラを加えるも5ヶ月でファラもクビにして3人組になったデスチャの3rd。そんな泥沼状態にあっても映画「Charlie's Angels」主題歌の「Independent Women Part I」が全米チャート11週連続1位の大ヒット、続くタイトル曲「Survivor」では「あなたたちがいなくなっても私たちは大ヒットを飛ばして、前よりリッチになって生き残ったわ」と前メンバーへのイヤミをポップに歌い上げてこれまた大ヒットと、まさに無敵状態のデスチャ。本作もその逞しさと勢いを反映したパワフルな仕上がりになっている。

前半に固められたアップテンポナンバーでは、前作からの一連のヒットシングルでも既に耳を引きつけられるものがあった複雑でスリリングなボーカルアレンジとコーラスワークがさらに進化。トラック云々よりもまずボーカルアレンジの特異さと巧みさに聴き入ってしまう。ビヨンセのソロとコーラスが、そしてボーカルのグルーヴとトラックのグルーヴが、ズレたりピタッと一致したりを頻繁に繰り返すことによって生まれるこのうねりのような快感は、ちょっと言葉では表現しがたい。良くも悪くもビヨンセの才能が際立っているアルバムだが、グループであることの利点をボーカルアレンジの過激さという形で生かし切っているとも言える。ラジカルなボーカルアレンジと美しいコーラス、そしてポップなフックを同時に成立させてしまう巧みさが光っている。

それにしてもヒットシングルを立て続けに並べ、ぐいぐい持っていかれる前半のパワーはちょっとすごい。「Independent Women Part I」からしてサビの畳み掛けのような曲で、「♪I've bought it」とか「♪Throw your hands up at me」とか一緒に歌いたくなってしまうし、「Survivor」もパワフルなビヨンセのボーカルとバックコーラス、そして高速でチキチキとビートを刻むリズムトラックの絶妙なグルーヴのズレが生み出すうねりにちょっとクラクラしてしまう。Stevie Nicks「Edge Of Seventeen」のギターをサンプリングしたファンクロッキンな「Bootylicious」も文句なし。これはPVも三者三様に魅力的に撮れていてよかった。デスチャのPVでは一番好きかも(ちなみにビヨンセもこのPVが一番可愛い!)。「Nasty Girl」はしゃっくりみたいにギクシャクしたアクセントが癖になるし、めくるめく魅惑的なコーラスワークに呑み込まれそうな「Fancy」、トラックとコーラスの一定のビートの中を早口のソロが自在に泳ぎ回る「Apple Pie A La Mode」、複雑な不協和音コーラスに幻惑される「Sexy Daddy」とまったく耳を離させない。

反面、後半のスローナンバー攻めは前作同様やっぱり、しょっぱい。The Bee Geesのカバー「Emotion」が曲のよさとコーラスの美しさで聴ける程度で、前半のエネルギッシュで隙のない完成度に比べるとどうにも凡庸。「Gospel Medley」はいつもライヴで披露していたものだけど、アルバムに入れる必要があったかどうか。まあしかし、前半の完成度だけでも聴き逃すのは勿体無い一作だと言える。

Destiny's Child 「Survivor」(2001)
1.Independent Women Part I 2.Survivor 3.Bootylicious 4.Nasty Girl 5.Fancy 6.Apple Pie A La Mode 7.Sexy Daddy 8.Independent Women Part II 9.Happy Face 10.Emotion 11.Dangerously In Love 12.Brown Eyes 13.The Story Of Beauty 14.Gospel Medley 15.Outro (DC-3) Thank You
posted by TSUKASA at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

Destiny's Child 「Writing's on the Wall」

writing's on the wall現在行われているツアーをもって残念ながら解散してしまうということで、デスチャです。これはまだメンバーがビヨンセ、ケリー、ラタヴィア、ラトーヤの4人だった頃の2nd(翌年頭にラタヴィア、ラトーヤが脱退)。

セルフタイトルの1stは、ティーングループとしては非凡なコーラスワークにこそ耳を引かれはしたけれども、全体的にはオーソドックスで凡庸なR&Bアイドルグループに終わりそうな気配も漂っていた。しかしぐっとクオリティを上げたこの2ndでそんな懸念を払拭、「Bills,Bills,Bills」「Say My Name」の全米1位を含むシングル4曲を全てヒットさせ、TLCとガールズグループの覇権を争うまでに躍進したわけです。ちなみに自分は当時TLC派だったので複雑だったんですが(笑)「Bug a Boo」と「Say My Name」で完全にやられました。TLCもデスチャもどっちも好きだ、と。カレーも食べたいけどラーメンも食べたいぞ、と。よくわからんけど。

本作での躍進には、プロデュースを務めたシェークスピアやロドニー・ジャーキンス、ティンバランドらによるタフなリズムをもったトラックメイキングが寄与しているのはもちろんだけれど、作詞作曲、ボーカルアレンジにおいて積極的にコンポーズに関わったビヨンセのプロデューサー的な資質が開花しているのが大きい。早口で主メロを歌うビヨンセの自在なボーカルとゴスペルチックなコーラスが目まぐるしく出入りしながら絡み合い、リズムとせめぎ合うというスリリングな聴感はデスチャならではであり、これに関してはビヨンセのセンスに由るところが大きいのではないかと思う。

曲のテンポが落ちるほどつまらなくなる、というのはデスチャ唯一にして最大の泣き所だったけれど(この課題は最新作「Destiny Fulfilled」でようやく解消された)、ここではシングルの間を繋ぐ「Confessions」や「Temptation」といったミドルナンバーは上手く決まっている。ただ終盤のバラード攻めはやっぱり眠い(笑)。中盤の「Where'd You Go」は80年代末期あたりの日本のマイナーアイドル歌謡みたいだ。何曲か削っても良かったと思うけど、まあ、アルバムが冗長になるのはこのテの米国アーティストの常ですから、割り切りましょう。

とはいえ、デスチャのアルバムでは一番全体としてまとまった出来なのではないかと思う。「Survivor」の前半のパワーには敵いませんが・・・。たぶん解散したらベスト盤が出るだろうからシングルはそこで全部聴けるかもしれないけど、シングル以外にも「So Good」「Hey Ladies」といったかっこいいアップナンバーが収録されているので、聴いて損はない一枚だと思います。是非どうぞ。ところでラタヴィアとラトーヤは今何してるんですか。

Destiny's Child「Writing's on the Wall」(1999)
1.Intro (The Writing's On The Wall) 2.So Good 3.Bills, Bills, Bills 4.Confessions 5.Bug A Boo 6.Temptation 7.Now That She's Gone 8.Where'd You Go 9.Hey Ladies 10.If You Leave 11.Jumpin, Jumpin 12.Say My Name 13.She Can't Love You 14.Stay 15.Sweet Sixteen 16.Outro (Amazing Grace...Dedicated To Andretta Tillman)
posted by TSUKASA at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。