2005年06月20日

サッカー:コンフェデ杯 日本×ギリシャ

日本 1-0 ギリシャスポーツナビ

加 地 さ ん 覚 醒

というのはいいとして、か、勝ったッ!よくやった!小泉首相じゃないが、か、感動した!

ギリシャの出来がめっさ酷かった(去年のユーロの粘着マンマークは何処へ?ゆるゆるやったぞ)のは前提になるんですけど、それでもよくやりました。はっきり言ってアジアカップよりも先日の北朝鮮戦よりも痺れたし興奮しました。今までのジーコジャパンは、結果はカタルシスティックだけど内容はどうも・・・っていうのが多かったからねぇ。で、何よりも結果が求められるアジアでの戦いにおいてはそれでよかったわけですが。ここから1年は来年のドイツで結果を出せるための内容が大事になる。そういう意味でこの試合の内容と結果は収穫でした。

立ち上がりから欧州王者のギリシャと互角以上の攻防!加地さんが躍動!という実に楽しい前半でしたがゴールだけが遠い遠い・・・。何度玉田と柳沢が決定的チャンスを作っては外したことか。こりゃいつもの後半に1点入れられて健闘しつつも0-1で惜敗する日本の負けパターンだなと思いました。あまりにもギリシャがゆるいのでこれは後半に勝負決めにくるのかな、とも思いましたし。

しかし後半に入ってもギリシャの出来は上がってこない。むしろ日本が圧倒し始める。メキシコ戦ではやや乱れた守備もいい。さすがにハイクロスに関してはほとんど先に頭で触られるものの、きっちり体を当てにいって防いでいる。真ん中のゾーンでボールを持った相手に対してはしっかり囲んで連動した組織で守る。そしてボールを奪うや日本らしからぬカウンターが何度も決まってギリシャDFラインの裏を突きまくる。FWに二列目が絡み、バランスを見ながらボランチの中田英と福西も上がって積極的に攻撃に絡んでいく・・・まさに日本の理想型。こ、これだ、これだよチミ!というサッカーを見せてくれました。ま、繰り返しになるけどギリシャがあまりにゆるゆるすぎたというのもあるけれども。

しかし、しかし、それでもゴールは決まらない・・・。内容がいいだけに、これは絶対勝ちたい、結果が欲しい、勝ちてぇえぇ!ともどかしさが臨界点に達したところで大黒のゴール。いやぁ叫びましたね。その後はさすがに集中が緩んできたか守備でまずいプレーなどもあり危なかったですが、日本にここまでやられてすっかり抜け殻になったかギリシャの粗い攻めにも助けられ1-0でフィニッシュ。いやぁギリシャさん、これで意気消沈せずW杯予選頑張ってください。

さてこの試合の収穫はまずもちろん勝ったということ。たとえGL落ちでも1勝もできずに帰るのとでは全くわけが違うでしょう。もう1つは本人達にも苦手意識のあった4-4-2が機能したということ。さらには、最大の懸念だった"W杯出場を決めて、さてジーコはちゃんとW杯へ向けて内容を積み上げていく方向へ向かえるのかどうか"という疑念に安心できる答えが出たような気がすること。少なくともホームのバーレーン戦あたりから、先発起用やフォーメーション、選手交代がかなり的確だと思います。4-4-2や3-6-1はオプションとして育てる必要はあるだろうし、昨日も遠藤を入れたときにてっきり中田英を一列上げるのかと思ったら、そのまま小笠原の位置に入れて驚きましたが、オプションとしてはありかなとも思いましたし。中田英は、いまのところ日本のバイオリズムを大きく左右するボランチに置くのが最も良策かなと思いますし。こうした試行錯誤や試みは今のうちにやっておいたほうがいいです。

課題は言うまでもなく、毎度おなじみ決定力でしょうね。ギリシャ、しかも出来の悪いギリシャだから勝てましたが普通はあれだけ外しまくっていたら勝てるものではありません。アジア相手だったら相手のミスのおかげで勝てたりしますが強国相手では期待できません。チャンスはあるうちに決めないと。それにあと2点取っておけば次のブラジル戦、なんとか引き分ければGL突破できたのに勝たなければならない状況になってしまいましたから(ま、この勝利である程度収穫はあったからGL落ちでも全く文句はないけどね)。

で、ブラジル戦なんですが、ブラジルがメキシコに負けた(ボルヘッティ元気やなぁ・・・)ためにメキシコが勝ち点6でGL突破決定、ブラジルと日本が勝ち点3で並びました。つまりガチです。マジのブラジルです。見せブラじゃなくてマジブラです。ここまでガチな状況でフル代表のブラジルと試合することは滅多にないでしょう。見ものです。加地さんとロナウジーニョのガチのマッチアップ!いやあ萌えるなおい。必死な形相で食らいつきつつも鮮やかにひょいひょい抜かれまくる加地さん。萌える。何点ぐらい取られるだろ。5点ぐらい取られちゃうかしら。何点取られてもいいから流れの中で1点決めてほしいですね。そしたら震えるな。3点で食い止めれば及第点でしょう。で1点決めれたらよくやった、と。いやあ楽しみ。今更ながらアジアカップ勝っといてよかった・・・。


posted by TSUKASA at 14:02| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アジアカップ
Excerpt: アジアカップ''本稿では男子サッカーのアジアカップについて記述します。野球についてはアジアシリーズ_(プロ野球)、卓球についてはアジアカップ_(卓球)を参照してください。''----アジアカップ(As..
Weblog: サッカー事典
Tracked: 2005-07-06 00:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。