2005年06月19日

サッカー:コンフェデ杯 日本×メキシコ

日本 1-2 メキシコスポーツナビ

かっ、加地さんのクロスを柳沢がっっ・・・!!!

という天変地異が起きて調子が狂ったのでしょうか、先制してしばらくしてから、急激にチームが気が抜けたビールのようになってしまったのがよくわかりませんでした。先制するまではいい感じだったんですけどもね。序盤からしばらくは拮抗し得ていたのですが、一対一の差で徐々に疲弊してしまっていった感じ。

3-6-1はやっぱりいいと思います。3-5-2よりも二列目以降が前を追い越す動きができているように見受けられますから。ただ守備が・・・守備がまずいためにそっちにかかりきりになって攻めようにも攻められなかった印象。中澤がいればというのも勿論ありますが、目に付いたのは小笠原。守備をサボって歩いている姿が散見されて大変気になったのですがどうしたんでしょうか。自分でボール失ったのに歩いてるシーンも何度かあったし。と思ってスポーツナビ見てたらこんな記事が。

ところが、このプレーの直後に福西、MF小笠原、DF宮本らが、ピッチ上で不満を訴えた。宮本が「(小笠原)満男が“もう少し後ろのスペースでプレーしてほしい”といっている」と、トップ下ながらカバーに奔走した小笠原の意向を伝えた。
ヒデ 差を痛感…点差以上の完敗スポーツナビ

うーん、それでぶんむくれたわけではないだろうなおい。まあどっちにしろ海外組にレギュラーを奪われるのが不満ならああいうプレーはいただけません。こういうところでアピールしないと・・・。

あとリズムよくパスを繋いでいるのにどうでもいいところでキープして、ドリブルで突っかけて、挙句ボール失うアレックスもちょっといい加減に嫌になってきました。キープしても良さそうなところではワンタッチで精度ないクロスを上げたりしていたし。なんとかならんものか。アツくん使ってくれよ。まあジーコがアレックスを外すことは有り得ないんですけどね。

ともあれGL突破が非常に苦しくなった日本。せめてギリシャに一泡吹かせてくれ。去年のユーロ04が終わった段階から見てみたかった対戦だけに、楽しみです。


posted by TSUKASA at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

サッカー:ワールドユース 日本×オランダ

日本 1-2 オランダスポーツナビ

緒戦はホスト国・オランダとの試合。立ち上がりから前半終了までは緒戦の緊張やホスト国相手のスタジアムの雰囲気、そしてオランダのスピードに完全に呑まれてしまったのか、まるで何も出来ず防戦一方の展開。特にオランダの7番クインシーが全く止められず、いいように遊ばれてあっという間の2失点。この先何点取られるのか、という絶望的な雰囲気が漂う。一時はボール支配率がオランダ70%:日本30%という屈辱的な数字に。

しかし後半に入るとやっと雰囲気や相手のスピードに慣れてきたのか、さらにオランダのペースがガタッと落ちてきたのもあって、前半が嘘のようにちゃんと試合になってきた。後半23分には水野のFKを平山が頭で合わせてゴール。1-2。その後も後半は必死にオランダに食らいつき、楽勝ムードだった相手を慌てさせるシーンも。試合終了直前などは怒涛の攻めを見せ、平山、カレン(どフリー!)、森本が1本ずつペナルティエリア内で惜しいシュートを放つ。特にカレンのシュートは枠に飛んでさえいれば決まった決定的なチャンスで、ふかしてしまったのが実に悔やまれる・・・。

前半からすると嘘のようにきちんと試合になった後半は力が入りました。A代表の試合より面白かったかもしれません(笑)。大熊監督の采配はいくつか謎でしたが。前半はまあある程度仕方なかったかな。上記したように緒戦でホスト国相手、しかもオランダですからね。それに加えてクインシーが反則級でしたし(笑)。明らかにDF陣は面食らっていました。おれも面食らっていました(笑)。

というわけで残り2戦に期待の持てる後半ではありました。ただ、平山のゴールの後、まだ1点負けているとはいえ誰も祝福に行かなかったのが気になりましたが・・・。ともあれ、若いチームというのはたった1試合の中でも成長したりするものです。次のベナン戦ではいい結果を出してほしいですね。
posted by TSUKASA at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ゲームの記憶:ドラゴンクエスト

dq1ドラゴンクエスト
1986・エニックス・ファミリーコンピュータ

当時アクション・シューティングゲームが主流だったファミコンに、まだ一部のマニアのものにすぎなかったRPGを紹介し、その後の多くの国産RPGの源流となったコンシューマ・RPGの母、「ドラゴンクエスト」。本作の制作のいきさつは、画:滝沢ひろゆき・監修:石ノ森章太郎による漫画「ドラゴンクエストへの道」に詳しい。多少修飾は入っているのだろうけれど、堀井雄二・中村光一・鳥山明・すぎやまこういちといった黄金の制作陣が、「ファミコンにRPGを根付かせる」というその一点だけを目指して、持てる知恵とアイディアと技術を結集させるさまは実に熱い。古本屋などで見つけたら、一読をお勧めする。

自キャラは一人、敵も一体の1対1であること。ゲームスタート直後、王様の話を聞いたあと外へ出るには、「かいだん」コマンドを使って階段を下りなければいけないこと。はじめて出くわす敵であるスライムが、ほとんど一撃で倒せること。レベルが1から2に上がるまでに必要な経験値がたったの7であること。最初に探索することになるダンジョンに敵が出現しないこと。etc。本作は徹底して、RPGが海のものとも山のものとも知らないユーザーたちに、「RPGとはこういうものですよ」ということを、ユーザー自身のプレイによって通じて刷り込ませる、という一点に細心の気配りがなされている。もちろん当時の子供達―つまりぼくらは、そんなこと考えずにプレイしていたのだけど、後から振り返ると本作のバランスは「はじめてのRPG」として驚異的に理想的で、感心させられる。さらに付け加えるなら、前年にエニックスが発売したコマンド入力式のアドベンチャーゲーム「ポートピア連続殺人事件」は、コマンド入力システムや謎を解くアドベンチャー的な要素において、本作の布石であったといえるだろう。

言うまでもなく後続のRPGに比べればゲームとしてのスケール感は実に小さい。やろうと思えば十分1日でクリアできる。ストーリーだって、勇者がさらわれた姫を助け、悪の親玉を倒すという、わかりやすい勧善懲悪のヒーローもの。だが「はじめてのRPG」としてはこれで十分だった。ワールドマップも狭い。しかし、本作はエリアごとに現れる敵の強さの区分けにも気配りがなされていて、街から次の街へ辿りつくのに上げなければいけないレベルが絶妙だ。次の街へ向かう道中、「旅をしている」という感覚とスリルは十分味わえたし、目的地にたどり着いたときには安堵を感じたものだ(ドムドーラだけはすでに滅んじゃってて、安堵できなかったけどな)。さらに、一人旅という孤独感と、それを煽る「広野を行く」の寂しげなメロディが付け加われば、狭いマップであったとしても「世界の広さ」を感じるのに十分だった(後のRPGは交通手段が発達したぶん、マップは大きくなっても世界は狭くなりましたね)。

8×8の真四角なヘックスで構成されたマップ画面は、どこかパソコンゲームライクで、ともすると無機質な印象でもあった。しかし、そこにとっつきやすさを与えたのは、「しんでしまうとは なにごとだ!」や「ゆうべは おたのしみでしたね」といった、フリーライター出身の堀井雄二ならではのユーモア溢れるテキストや、鳥山明の描いた、敵ながらどこか愛嬌のあるモンスターのグラフィックだろう。このとっつきやすさとユーモアがあればこそ、本作は発売当初こそさほど大きな売上は記録しなかったものの、じわじわとユーザー達にRPGの面白さを浸透させ、「日本のコンシューマにRPGを輸入する」という大役を十二分に果たしえた。あまりにも偉大すぎる一作。涙が出てくる。
posted by TSUKASA at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

サッカー:W杯出場決定

と、いうわけで勝ったんですけどもいやぁ昨晩は祝杯を上げ過ぎて今日大変だった。まだ二日酔いで頭痛いっす。ま、8年前と比べたらあまりにもあっさりなんですけどもやっぱり嬉しいもんです。それに、柳沢のスライディングシュートや大黒のGKと1対1なんかは8年前にW杯初出場を決めたイラン戦での岡野が思い浮かんだりして、ちょっと感慨深かった。昨年2月のオマーン戦から約16ヶ月、振り返ると薄氷を踏むような勝利も決して少なくないまさに漫画サッカーだったわけですが、12年前、8年前の経験のない日本なら落としていた試合もあっただろうしね。

しかし、試合後のニュースで全国各地の御祭り騒ぎが報道されているのを見ると、ちょっと違和感覚えたなあ。やっぱりあまりにもJリーグの扱いと差がありすぎる・・・。このうち何人が、福西や中澤や遠藤がJリーグのどのチームにいるって知ってるのかなとか思った。

さて、ここまではとりあえずアジア相手の予選突破が至上命題だったわけですが、ここからがいよいよジーコジャパンの心配だったところなんですよね。つまり、世界相手の本大会でどれだけやれるのか、という。これがずっと引っかかってたから素直にジーコ最高とはいえなかった。

グループリーグが2002年の時のような楽な組み合わせになることは恐らく二度とないでしょう(生きてるうちにもっかい自国開催でもない限りは)。中田英が極めて冷静に分析していましたけど、正直1勝を期待するのも厳しいです。全敗でも驚かない。ここから1年でどこまで世界を相手にやれるチームになるのか、楽しみでもあり不安でもあり。まずはコンフェデだ。ワールドユースもあるし、6月はまた寝不足だなぁ・・・。去年はユーロ04見てて体調ガタガタになってたんだよなぁ・・・。
posted by TSUKASA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

サッカー:W杯最終予選 バーレーン×日本

バーレーン 0-1 日本

いやー勝った勝った。小笠原のシュートはびゅーてぃほーでした。君、あんなの持ってたんかい。ま、バーレーンの予想外の出来の悪さに助けられた面もあるような気がしないでもなさすぎですが、とりあえずW杯出場決定までは勝ちゃあいいでしょう。あ、一本バーレーンのミドルが川口の腕を弾いてポストに当たったのはブルったな。ありゃ危なかった。

カードを出しまくるなぞ審判のせいで次節北朝鮮戦は何人か出れませんが、三都主のとこは三浦アツくんがいますし中田英のところも稲本・遠藤・中田浩と余ってるぐらいですから大丈夫でしょう。で、見るからにふて腐れていた俊輔の分はオガサが頑張って下さいと。で、2トップに戻すなり本山を1.5列目気味に使うなり、適宜どうぞ。次ですぱっと決めてくれ(決まらないと8月に持ち越しだからね)。そういえば中村交代の直前に「中村OUTで本山か中田浩」って言ってたらジーコがその通りにしたのでびびりました。テレパシー?

お隣さんはウズベキスタンに引き分けてちょっと寄り道。モルジブやベトナムやレバノンに苦戦するくせにドイツに勝ったりほんとによくわかりませんが日本戦以外のアウェイに弱すぎね。


あ、書き忘れたので追記。キーパーを交わしてバックパス。ヤナギがまた伝説に1ページを追加してしまいましたね。最高だぜ。
posted by TSUKASA at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

サッカー:キリンカップ

日本 0-1 ペルー二軍
日本 0-1 UAE

若手中心のペルーに続いて90年代は一度も負けなかったUAEにも敗れて2連敗。6月3日のバーレーン戦へ向けてここで弾みを・・・というマッチメイクだったんだろうけど一転ムード最悪って感じですか。

うーん、しかしなんのカタルシスも無かったのはもちろんとりわけ悔しさもない試合だったなぁ。ただなんとなく試合してなんとなく負けました、という。兎に角ぬる〜かった。ぬるぽ。それよりジーコの頭髪がますますなにかまずいことになっているのが気になった。

とりあえず思ったのは、この日本代表というのは現状以上の可能性というのはもう感じられないチームだな、と。ジーコになってからは2003年のアルゼンチン戦(1-4)のあとにDF陣を総取替えしてからは、ほぼこのメンバーでやってきたわけで、ジーコは新しい選手組み込まないしね。現状のまま来年までは行くのだろうと。正直、交代で本山あたりが出てきたところで、だからなんなの、という感じだし(や、おれは本山好きなんだけどね)。ということならば、ドイツに行ったところで、グループリーグ突破どころか1勝も厳しいぞと。これは、去年アジアカップを制したときから思っていたこと。あの時も、目先の目標ということではとりあえず喜んだけれども、先を見据えてしまうと決して明るい景色ではなかった。

ま、経験と歴史がまだまだ浅い日本では、とりあえずW杯に出続けることが重要だ、という視点でいえばこれでもいいのでしょう。とはいえ3日のバーレーン戦も心配になってきた。その後のコンフェデ杯なんか考えるとさらに憂鬱になってきた。まあトルシエの時もフランスとスペインにぼっこぼこにされてもうだめぽ、って思ったら直後のコンフェデ杯でいい試合したりしたからな。今回のキリンカップもそんな風に"なかったこと"になるように祈りますよ。
posted by TSUKASA at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

Oasis 「(What's the Story)Morning Glory?」

Morning Gloryあ、前回の最後で書き忘れたのですが、ブリグリ好きな人も聴いてください。ってもういいですね。

で、引き続きましてオエイシスの・・・や、コホン、オアシスの2ndアルバムです。既に本国イギリスでは前作で大成功を収めていたオアシスですが、この2ndではシングル「Wonderwall」が全米でもビルボードTOP40入りしてアルバムは世界で1800万枚を売り上げる大ヒット、本国においてもブリットポップを代表するもう1つのバンド・ブラーとの口汚い挑発合戦や挙句のシングル同日発売対決(鈴木あみVSモー娘。を彷彿とさせる)が盛り上がったり、96年の野外ライブでは二日でイギリス総人口の5%にあたる25万人を動員するなど、まああれよあれよという間にこれ以上望むべくもない成功を手にすることになったアルバムです。文句なしの代表作。

でもアメリカでは「Wonderwall」とこのアルバムぐらいしか大ヒットはしていないんだよね。まあそんなに力入れて売り込まなかったというのもあるんだろうけど(まあツアーをドタキャンしまくったりMTVでゲロ吐いたりしてりゃなぁ・・・)。

って、こういうデータ的なこととかエピソード的なこと書く必要あるだろうか・・・。いまいち方針が定まらん。

で、これはもう「90年代発売で好きなアルバムを洋邦問わず5枚選べ」と言われたら真っ先に必ず選ぶアルバムであります。同時に、自分の音楽の嗜好にも間違いなく大きく影響した一枚だと思われます。要は、これ聴いて以降このアルバムみたいな音が好きになっちゃったのよ。「轟音ギター+どポップメロディ」というのが。ま、今聴くと轟音ってほどでもないんだけど(冒頭の「Hello」のインパクトが強かった)、初めて聴いたときは「うぉぉぉぉっ!こ、これだ!これだよチミ!」ってなもんでかなり興奮していました。それぐらい自分に潜在していた嗜好にズバリだったのでしょう。

さて、本作リリース時にギャラガー兄弟は、「このアルバムから全曲をシングルカットする」なんつー豪快な構想をぶち上げていたけれど、結局実現しなかったにせよそんな構想があながち突飛にも思えないのが本作。全曲どポップ。全曲シングアロング可能。頭から終わりまで全て直球。ヒネリなし。要は"メロディが超素晴らしい"というだけで一点突破してしまっているアルバム。ゆえのこのパワー、カタルシス。なんの説明も要らないアルバムだ。って、説明しているけれども。

ど頭「Hello」からいきなりカッコいい。オアシスを評するのに「パンク+ビートルズ」なんて言い方がされることもあるけど、なるほど確かにこれはパンキッシュ。ぶっきらぼうにギターをガーガー弾き鳴らす様が爽快。直立不動で歌っているのが目に浮かんでくる、やる気あるのかないのかわからんリアムのボーカルも最高だ。続いて件のブラーとの同日発売対決のときに出た「Roll with It」。ポップロックのお手本のような、ノリのいいポップ曲。サビは1番聴いたら2番からはもうきっと歌詞知らなくても一緒に歌えてしまいます、ハナモゲラで。転がるようなポップ感が気持ちいい。あ、ちなみにブラー側の「Country House」も好きですよワタシは。

続くアメリカでのオアシスの代表曲「Wonderwall」は、アコギ+弦をフィーチャーした超ビートルズチックな一曲。Aメロ2回目でリズムが入ってくる瞬間と、サビよりもむしろ素晴らしい「♪And all the roads we have to walk are winding〜」のBメロに痺れます。更にたて続けにノエルが歌うロックバラード「Don't Look Back In Anger」の名曲コンボ。全く文句ないですね。Aメロ、Bメロも全部サビ級。サビ頭「♪そぉぉおおおお〜」のカタルシスといったら!「ロックンロールバンドなんかに君の人生を委ねたりしないでくれ」っつー歌詞も名文句だっっ。ワタシがカラオケで歌う洋楽ナンバーワンであります。しかし、ノエル兄さんがこれだけ歌えてしまうというのも痛し痒しですな。弟することなくなるし。実際、この曲のレコーディングのときふて腐れて暴れたらしいし。今はちょっとはギター練習したみたいだが。

スライドギターがスライドしまくる(なんじゃそりゃ)「Hey Now!」は本作の中では唯一ちょっと落ちるかな。イントロやサビの「ズッダッダッダッダッ」ってドラムがちょいしつこい。でもギターソロがこれポップで素敵なんだよなぁ。もうちょっと聴かせてくれ〜って感じ。そしてちょっとノスタルジックなほろ苦ポップロック「Some Might Say」。Aメロ素晴らしい。明るく切ないです。野外スタジアムでシングアロングしたい。

次は「Wonderwall」に近い曲想の「Cast No Shadow」。実は「Wonder〜」よりこっちのが好きかも。これは「♪Bound with all the weight of all〜」のBメロ及びハモりが素晴らしいです。やっぱり「サビ以外がサビ級」ってのがキモなんだろうな。だからこそ良メロだけで押し通す、という芸当が出来ているわけで。真似しようと思ってもホイホイ出来るというわけではないわけで。

続く「She's Electric」はチョチョイと作りました、的な軽いノリの小品だがこれもまた飄々とした風情で良い。んで対照的に重厚な、轟音ギター轟くタイトル曲「Morning Glory」!雷鳴のようにコードストロークをかき鳴らすバッキングと、その上であたかも暗雲切り裂く稲光のごとく鳴り響く「♪キュキュキュキュイ〜ン」ってギター。かっくいいです。ギター何本重ねてるのでしょうか。

んで終曲「Champagne Supernova」がこれまた。コンパクトなポップ曲を次々連射する趣の本作にあって異色な7分半の大曲。これを最後に置いたことでアルバムがぐっと締まった。でもやっぱりメロはどポップ!サイケチックな音像も良いです。中盤からぐんぐん壮大に盛り上がっていく展開は寒気がして鳥肌が立つ。ギターソロのあたりはどっかに持っていかれそうなトリップ感が。ミスチルのアルバム「深海」の終曲「深海」はこれに倣ってないか?

というわけで結局全曲レビューになってしまったわい。いやぁ、J-POP CRAZYでもそうだけど好きすぎる作品ってやっぱり書けないね。ひどい文章だ。無駄に長いし。

あ、ちなみに前作までのドラマー君は「ヘタだ」「嫌いだ」というフォローしようのない理由で哀れ解雇され、2代目に交代しております。んー、まあ、確かに。

つーことで、90年代の名盤の1つでありますので是非とも聴いて下さい。損はしないはず、です。

Oasis 「(What's the Story)Morning Glory?」(1995)
1.Hello 2.Roll With It 3.Wonderwall 4.Don't Look Back in Anger 5.Hey Now! 6. 7.Some Might Say 8.Cast No Shadow 9.She's Electric 10.Morning Glory 11. 12.Champagne Supernova ※6曲目、11曲目は無題
posted by TSUKASA at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

Oasis「Definitely Maybe」

Definitely Maybeもうすぐ3年ぶりのアルバム発売記念、ということでオアシスいってみます。別にわざわざオエイシス、って言わなくてもいいじゃないですか。そんな向きには押尾学大先生の名言のひとつ「ニルヴァーナってナーヴァナのこと?まあお疲れさま、あとは俺にまかせてよって感じ」を笑う資格はありません。よくわからんけど。

で、90年代UKロック史に燦然と輝くオエイシスの・・・いやちがったオアシスの1st。これはもう洋邦問わず様々なアーティスト、ロックバンドに影響を与えたでしょうね(オアシスなんかクソ、と別の方面へ向かうという影響も含めて)。特にこの90年代中盤に、日本でまた何度目かのビートルズブームというか、ビートルズっぽい音が流行ったりしたじゃないですか。あれってオアシスの影響に因るところもちょっとだけあったりするんじゃないかなあなんて思うんですけども。

自分は実は2ndの「Morning Glory」のほうを先に聴きまして、ガツーンと衝撃を受けたわけなんですけどこっちを先に聴いていたら、それでもそれと同等の衝撃を受けていたでしょう。どっちも傑作。

何が衝撃って何もしていないところが衝撃だ。ただギターをコードストロークでガーガー弾き鳴らし、1度聴いたらすぐ覚えられる、いや1コーラス聴いたら2コーラスめからは一緒に歌わずにいられないポップすぎるメロディをぶっきらぼうにリアムが歌う。ただそれだけのものがこんなにカタルシスティックで心躍るなんて!ビートルズへの偏愛も丸出しだけど、それでそれがどうしたっていうんだ?いいもんはいいんだからいいじゃねぇかサノバビッチ!ってな風情で(いや知らんけど)、ギャラガー兄弟は何も考えてなさそうにキャッチーなナンバーを弾き鳴らしまくり、歌いまくる。これはどっかヒネらなきゃクールじゃないぜ、頭良さそうに見えないぜ、なんてこと気にしてる頭でっかちロックミュージシャンには決して出来ない、っつーかやらない芸当だ。

野球のピッチャーが、たとえどんなにいろいろな変化球を上手く投げ分けることが出来たとしても、もし180km/hのストレートをど真ん中にバンバン放り込んで三球三振が取れるのなら皆そっちを選ぶはずだ。オアシスは180km/hのストレートを9回まで投げ続けるバンドだと思う。誰もそんなことをしようとする馬鹿はいなかった。オアシスは愛すべき馬鹿だった・・・って好き勝手言ってるな。

で、どっちかというとどうしても2ndのほうが好きなのは、1つはちょっとミックスが悪いのね。音がガチャガチャしててそれぞれの楽器がぶつかりあって相殺してしまっている感じ。あと後奏がちょっと冗長じゃない?って曲が多いかな。でもそこで弾いてるギターがまた歌メロと同じくらいキャッチーだったりするのがオアシスたるゆえんなんだけども。あと日本盤だともう1つ、ボーナストラックが堂々と本編の中に紛れ込んでいます先生。こりゃいかんだろ。

好きな曲は、好きな順に「Supersonic」「Slide Away」「Rock'n'Roll Star」「Live Forever」「Cigarettes and Alcohol」「Up In The Sky」・・・って名曲だらけだな。まだ聴いたことのない人は、えーとそうだな、ビートルズとか小林武史関連とかグレイプバインとか好きな人は是非聴いてください。そうでない人も聴いてください。アジカン好きなみんなも聴いてください。

Oasis 「Definitely Maybe」(1994)
1.Rock'n'roll Star 2.Shakermaker 3.Live Forever 4.Up in the Sky 5.Columbia 6.Supersonic 7.Bring It on Down 8.Cigarettes and Alcohol 9.Digsy's Dinner 10.Slide Away 11.Married With Children
posted by TSUKASA at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。